読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14年度の温室効果ガス排出、五年ぶりに減少

記事リンク

www.asahi.com

記事要約

環境省によると、2014年度の国内の温室効果ガス排出排出量が減少したとのこと。
主な要因としては電力消費が減ったこと、再生エネルギーの普及、天候の影響があげられる。

疑問

なぜ電力消費が減ったのか?
再生エネルギーはどのくらい普及しているのか?

考え・主張

電力消費が温室効果ガス排出排出量に影響するので、積極的に節電しようと思う。
また、再生エネルギーの普及によって温室効果ガス排出排出量が抑えられるので、今後の開発やますますの普及に期待している。