読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温州ミカン多く食べる人、2型糖尿病なりにくい

記事リンク

www.yomiuri.co.jp

記事要約

農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所(茨城県つくば市)と浜松医科大などの研究チームの発表によると、温州ミカンは他の柑橘類より「βクリプトキサン」を多く含むため、これを多く食べる人は2型糖尿病になりにくいということ。

疑問

糖分を取り過ぎると糖尿病になるのではないか?
また、他に「βクリプトキサン」を多く含む食べ物はなにがあるのか?

考え・主張

2型糖尿病の原因の一つに肥満があり、ついつい甘いものを取り過ぎてしまう人は2型糖尿病になるリスクが高いと考えられる。
そこで、甘いものを食べるなら、脂肪細胞の機能を正常化する働きがあると考えられる「βクリプトキサンチン」を多く含む温州ミカンを食べた方がいいと私は考える。

その他

特になし。